アラフォー准凪の美容ブログ。気になるサプリメントや化粧品を実際に購入したレビューを書いています。美容や健康のお役立ちの情報も。

アラフォー准凪のお試しブログ

きれいになりたい美容コラム

美白は1年中必要!美白化粧品の役割とは?

投稿日:

美白化粧品

美白というと、夏場に日差しを浴びているときに意識しがちです。でも本来は、1年中必要ってご存知ですか?
実は紫外線は夏でも冬でも常に降り注いでいるものなのです。強い日差しがなくても、知らず知らずの間に紫外線の影響を受けてしまいます。

そこで、大切なのが美白化粧品です。でも、美白化粧品ってそもそもどんなものなのか、案外わかっていない部分もありますね。
美白化粧品の役割とは?夏が終わっても、秋、冬、春の全ての季節で、美白意識が大切な理由をお話します。

シミは無くすより予防するほうがかんたん

紫外線と言えば、シミ、しわの原因ですね。紫外線を浴びたあと、お肌の中で出来たメラニンが肌表面に出てきて居座ってしまうこと。これがシミです。
出来たばかりの薄めのシミなら、美白化粧品の美白作用が有効な場合があるんですよ。

でも、シミとして肌の表面に現れて定着してしまっている場合は、化粧品でシミを消す、というのはかなり難しいです。

本当の意味でシミを消すならレーザーで焼いちゃったほうが早い。。というような世界です。
シミは出来る前に予防するほうがずっと簡単。紫外線を浴びない、浴びてもしっかりケアして影響を最小限にとどめたいものですね。

美白化粧品は1年中使う!その役割とは

美白化粧品と聞くと、言葉の中に「白」という言葉が入っているためか「できたシミを白くしてくれるもの」とついつい思ってしまいます。
でも、そうではありません。美白化粧品の役割は「シミが出来ないように予防する」ことなんです。

紫外線を浴びると、お肌の中のメラノサイトを刺激します。そこから、メラニンを作る物質が発せられて、メラニンが作られてしまいます。
美白成分はメラニンを作らない様に働きかけるもの、と考えるとわかりやすいです。

具体的には、メラノサイトに働きかけて「メラニンを作らないようにする役割を持つもの」、
「メラニンを作る酸化酵素(チロシナーゼ)の活動を抑える役割を持つもの」とがあります。

先ほどもお話したように、夏でも冬でも紫外線は少なからず浴びています。だからこそ、美容化粧品は季節を問わず1年中使うべきなのです。

油断している間に浴びた紫外線はシミやシワの元。しっかりと、1年を通して美白化粧品を使うことがシミ予防につながるんですね。
夏の日差しが強くなってきた、シミが出来ちゃった、となってから、慌てて使うというのはあまり効果が期待できないのです。

ちゃんと美白効果のある化粧品を選ぶには

美白化粧品はなんとなく効果がありそう、という感じで手にしてしまいがち。テレビで見かけた、とか、ネーミングがいかにも美白っぽいとか、容器が白くて効きそうなイメージ、といった理由で選ばないようにご注意。せっかくつけるならば、美白効果が高いものを選びたいですよね。

その為には、その美白化粧水やクリームに美白成分が入っているかどうかをきちんと確かめる必要があります。

美白成分の例

  • カモミラGT…カモミールから抽出した成分
  • メラニン色素を作る「エンドセリン」を抑制する働きがあります。

  • トラネキサム酸
  • メラノサイトが活発に働くのを防ぎます。また、もともと炎症を抑えるために使われていたので、赤く焼けた肌のほてりを和らげる働きも期待。

  • ビタミンC誘導体
  • チロシナーゼを抑えるビタミンCを、お肌に吸収しやすいかたちにしたもの。

  • アルブチン
  • チロシナーゼを抑える働き。コケモモから取れる成分。

  • エラグ酸
  • チロシナーゼを抑える働き。いちごなどのベリー類から抽出されます。

これらが入っているものならば、美白の効果に期待が持てるということです。どれがいいのかは、一概には言えません。
化粧品として、1年中毎日使っていくものなので、あなた自身が実際に肌に付けてみて、使い心地がいい、お肌に合うと感じるものを選ぶと良いですね。

美白化粧品を全部ライン使いするのが難しければ、美容液だけでも取り入れる、といった使い方もアリです。洗顔後、通常の化粧水でお肌を整えた後、美白美容液をお肌に付けるようにするだけでも、なにもしないよりずっと効果的ですよ。

-きれいになりたい美容コラム
-,

Copyright© アラフォー准凪のお試しブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.