アラフォー准凪の美容ブログ。気になるサプリメントや化粧品を実際に購入したレビューを書いています。美容や健康のお役立ちの情報も。

アラフォー准凪のお試しブログ

きれいになりたい美容コラム

大豆に若さの秘密あり?イソフラボン・サポニンなどなど栄養について調べてみた

投稿日:

大豆
以前、NHKの夕方トーク番組「シブ5時」に、ゲストとして市村正親さんが出演されていました。市村さん、50代だとばかり思っていたのですが、なんと67歳なのだそう。おけいこ風景や舞台の映像を見ても、はつらつとしていてエネルギッシュ。画面に映るお肌も、ツヤがあるように見えます。もちろん、年齢を重ねたシワなどはあるとはいえ、とにかくその元気っぷり若さっぷりに驚きました。

その若さの秘訣は?と聞かれた市村さん。そうですねぇ~と言った後「あ、大豆が好きで、毎日食べていますよ」とのお答え。豆腐とか納豆とかの料理を欠かさないのだそう。

好きだから食べるというスタンスでしたが、それを聞いて「大豆には若さや美容にいい”何か”があるに違いない!」と思った管理人准凪。さっそく調べてまとめてみました。

大豆の3割はタンパク質!必須アミノ酸がしっかり

乾燥大豆の栄養素の3割はタンパク質。そこには体の中では生成できない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

コラーゲンの材料になるアルギニン、スレオニン、フェニルアラニン。髪の毛を美しくするメチオニン、シスチン。チロシン。筋肉を作るときに役立つ、バリン、ロイシン、イソロイシン。これらが、ちょうどよい配合で入っているんです。

美容と健康に欠かせない栄養がたっぷり。大豆を食べていると若さにつながるというのがデータ上でもうなずけます。

サポニン・イソフラボン・大豆レシチンにも注目

タンパク質以外で注目したいのが、サポニンとイソフラボン。サポニンには、抗酸化作用があり、コレステロール値を下げてくれる役割があります。

そして、最近とくに話題になったイソフラボンは女性に欠かせないエストロゲンに似た構造をもっていて、女性らしさ上げる美容効果や血行を整える、更年期の不調を和らげてくれる、など、良いところがたくさん。

大豆にだけ含まれる大豆レシチンは、細胞膜にアプローチしてを正常に保とうとする機能があります。血液の中にあるコレステロールを溶かしてお掃除してくれる役割も。

その結果血行が良くなるので、栄養分が体中に行き届くのを助けてくれます。しかも、大豆そのものにはコレステロールが含まれていないので、同じたんぱく質でもお肉を食べるよりは安心と言えます。

美容の面でも、健康の面でも大切な要素がたくさん入ってるんですね。

便秘のサポーター!オリゴ糖と食物繊維

大豆にはさらに、便秘のサポーターとして摂りたい、オリゴ糖と食物繊維も豊富。大豆のオリゴ糖は比較的甘みがあり、腸に吸収されやすい特徴があります。

オリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のご飯になります。甘みはあるけれどもカロリーは砂糖よりひくく、ビフィズス菌を増やす役目も担ってくれると。そしてたっぷりの食物繊維。

ダイエットにも美容にも便秘は大敵。大豆には、その便秘の改善に役立つ成分が入っているのもよいところ。


摂り過ぎないよう 1日100グラムを目安に

そんなにいいなら毎日大豆だけ食べよう!というのはちょっと待って。何事も過剰はよくありません。例えばイソフラボンは摂り過ぎによる副作用が問題になったこともありますね。

大豆を食べる目安は1日100グラム程度を目安にしましょう。お味噌、煮た大豆、豆腐、納豆、油揚げ、豆乳…など、大豆はさまざまな形に姿を変えて食卓に上ります。意識して1日1品、2品と考えるとちょうどよいのではないでしょうか?

大豆レシピの第一歩。乾燥大豆のかんたんな戻し方

最後に、手軽に使える乾燥大豆の戻し方と保存についてのお話をちょっぴり。管理人は、大豆を戻すときは土鍋か圧力鍋を使います。とても簡単なのでぜひ。

1)ボウルに大豆の3倍以上の水を入れて、ザーッと一袋あけてしまう。
一晩つけると、表面の皺が亡くなってぷっくりした感じになる

2)土鍋に水ごと入れて弱火で煮る
あくが出たら、取る。

3)土鍋で5分以上沸騰させたら火を止めて、バスタオルでくるんでおく
3~4時間で火が通ってふっくらやわらか。

*-*-*
土鍋を使えば、沸騰後、放っておけばいいのでとてもらくです。
圧力鍋があればさらに早く柔らかにできます。しゅっしゅっと言いだしてから1分火にかけ、止めて放置するだけ。30分くらいでできてかんたんです。

湯で大豆は、ジッパーつき冷凍バックに煮汁ごと入れて、平べったくして凍らせておくと、いつでも使えます。使う量だけポキポキ折って、解凍。サラダに入れたり、シチューに入れたりと、重宝しますよ。
醤油・にんにくと一緒に冷凍しておけば、サッと取り出してレンチンするだけで、味付き大豆の出来上がり!

そのまま食べてもいいですし、ごま油でサッと炒めてゴマを振って食卓に出すと、子供たちも喜んで食べてくれます。

追伸

若さの秘訣は大豆にあるのかも?と調べてみました。大豆には、アンチエイジングにぴったりの栄養が含まれていることがよくわかりました。
特に、イソフラボンは一時期テレビでも紹介されてもてはやされていたように思います。でも摂り過ぎない様に注意しなくては!過ぎたるは及ばざるがごとし、ですもんね。

乾燥大豆は、買っておくと日持ちもしますし、常備しておくと料理の幅が広がりますね。若さと美容によい成分がたっぷりの大豆を、毎日の食事に上手に取り入れたいものです。

-きれいになりたい美容コラム
-, ,

Copyright© アラフォー准凪のお試しブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.