アラフォー准凪の美容ブログ。気になるサプリメントや化粧品を実際に購入したレビューを書いています。美容や健康のお役立ちの情報も。

アラフォー准凪のお試しブログ

きれいになりたい美容コラム

エストロゲン分泌を促す5つの方法~若さの秘訣は〇〇にあり

投稿日:

恋愛
エストロゲンは、私たち女性の若々しさや美を保つために欠かせない女性ホルモンです。あなたも聞いたことがあるのでは?

エストロゲンとは、そもそも、妊娠や出産のために必要不可欠なホルモン。

第二次性徴期である思春期に増え始めます。女性らしい丸みのある体をつくったり、若々しい肌や髪をつくったりする働きがあるのです。

そして、40代を過ぎたころに減少し始めます。妊娠、出産にはかかわりがなくなる年齢ということでしょうか…。

エストロゲンが不足するとお肌の老化の進行が早まってしまうのです。体の中から若さを保つためには、エストロゲンの減少をなんとか緩やかにしたいものですね。

そこで、今回は毎日の生活でエストロゲン分泌を促す方法を5つお話します。

1)1日6時間以上の正しい睡眠を取る

あなたは毎日どのくらいの時間眠っていますか?もしも睡眠時間が5時間程度、という場合には要注意!エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモン。不規則な生活、増やすためには何を置いても睡眠です。睡眠不足は、ホルモン分泌が不規則になります。

エストロゲンの分泌のための正しい睡眠は、1日6時間以上、毎日同じ時間に眠る、0時には眠る、の3つを心がけます。寝だめをしたり、細切れ時間でトータル6時間寝ればOKということではないのです。体のリズムを整えて、体内時計を正常にすることで、ホルモンが滞りなく分泌されるようになります。

2)エストロゲンの増加を助ける食べ物を摂る

日々の食事にも気を使いましょう。エストロゲンに似た成分として、イソフラボンがあります。イソフラボンを含む、豆腐や納豆、おからなどを食事にとりいれるのと良いです。例えば、1日に豆腐なら半丁食べれば十分です。他にも納豆は1日1パック程度を意識して食べるようにします。

ただし、イソフラボンは摂り過ぎるとホルモンバランスを崩して月経の乱れや子宮系の病気を起こすといった副作用の恐れがあります。サプリメントで補おうとして過剰に摂り過ぎてしまうと返って良くありません。食事で普通に摂れる程度で足りるのでサプリは控えた方が安心です。


3)適度な運動をする

骨盤の中の血行が悪くなると卵巣の働きが鈍り、エストロゲンの分泌も低下してしまいます。血流を促すために、適度な運動をしましょう。ウォーキングは最適です。1日につき30分程度、週に2日~3日くらいでOKです。歩きやすい靴を履いて、サッサと早めに歩くのがおすすめ。踏み台昇降をしてみるとか階段の上り下りをしてみる、というのもいいですよ。

4)過度な食事制限ダイエットはしない

食事を摂らないで痩せようとするとさまざまな弊害が起こります。食事の内容が偏ってしまい、卵巣の働きを低下させるのが一番の影響。また、エストロゲンの分泌には、ある程度の脂肪が必要です。痩せすぎて脂肪がほとんどないような体では分泌が遅れてしまいます。ダイエットをするならば食事制限ではなく、健康的に適度な運動やバランスの良い食事、酵素や食物繊維を摂って代謝を良くする方法を選びましょう。

5)毎日ときめきを感じて生きる

最後に。女性としてときめきを感じているとエストロゲンの分泌が増えます。毎日の生活でときめきを感じることが、若さを保つ秘訣です。恋愛をしたら綺麗になった!というのも、エストロゲンの分泌が活発になったから、ともいえますね。

恋愛の対象は、身近にいる人とは限りません。テレビを見ていて、イケメン俳優やアイドルに憧れるのも恋愛の一つ。雑誌をぱらぱらめくってドキドキしたり、好きな歌手のPVを見てドキドキしたりワクワクしたり。ライブに行って、実際に会ってみるなどなど。毎日の生活でときめきを感じながら生きることがいつまでも若くみずみずしくいるためにとても大切なことです。

まとめ

若さを保つためのエストロゲンの分泌を促す方法を5つお話しました。どれも、ちょっと気を付ければ出来ることばかりですね。

今からでも遅くありません。日々の生活を見直し、規則正しい生活と食生活を整えましょう。

1週間に少しの時間でいいのでウォーキングをしてみること。そして、時々ときめきを感じられる対象を探してみること、ですね。

-きれいになりたい美容コラム
-

Copyright© アラフォー准凪のお試しブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.