アラフォー准凪の美容ブログ。気になるサプリメントや化粧品を実際に購入したレビューを書いています。美容や健康のお役立ちの情報も。

アラフォー准凪のお試しブログ

きれいになりたい美容コラム

紫外線対策は春先からってなぜ?意外と強い春の紫外線のまとめ

投稿日:

春の紫外線
少しずつ暖かい日が増えてくる春。桜などの花も咲き、気分もワクワクしてきますね。ちょっと気分が上がって、外へ出歩く回数が増えているところでしょうか?

でも、こんなときこそ落とし穴が…。まだまだ春だから!と紫外線対策を怠ると、シミやシワの原因を作ってしまうことになります。肌の老化の原因の80%は紫外線。春の紫外線は侮れないほどに強いのです。

今回は春の紫外線についてと、その対策をまとめます。

シミやシワなど老化につながる紫外線は3月から強くなる

まずはこちらのグラフをご覧ください。

uv

紫外線にはUV-A,UV-Bという種類があります。どちらも、お肌の老化を遅らせるためには、対策を欠かせない紫外線です。
3月ごろのグラフの数値を見ると、UV-A,UV-B共に秋の紫外線量と同じくらいになっているのがお分かりいただけますね。

青のラインが紫外線のB波です。B波は肌の表面を赤くひりひりさせるタイプの紫外線。私たちが日ごろ『日に焼けた!』と感じるのは、このB波の影響です。地上に到達する量は、少ないのですが、波長が短くてエネルギーが強いために、日焼けを引き起こします。

そして、赤い線のグラフUV-A波。これは、B波に比べて量が多く、特に3月くらいからグッと強くなるのが見て取れますね。

このUV-A波は波長が長くて、なんとお肌の真皮層まで到達してしまいます。しかも、ガラスをも通してしまうので家の中にいても浴びてしまいます。

真皮層まで到達した紫外線A波は、コラーゲンを破壊したり変質させたりという光老化を招きます。
本来は1年中紫外線対策をするべきですが、春先の3月くらいには特に意識しなければなりません。


春の紫外線対策はPA値に注目

お出かけ前に日焼け止めを塗る場合は、日常生活ではUV-A波に注目して紫外線対策をします。
日焼け止めの強さPA+、++、+++という表示をチェックしましょう。

PA++程度のものを選んで、化粧下地や首筋、手の甲などに塗っておきます。
UV-A波は、家の中にも入ってくるので、室内にいるときも対策をしておけばなお安心です。

そして、桜を見に行ったり、旅行に行ったり、日差しが予想外に強い山登りや春スキーなどのレジャーに行く場合などはSPF20~30程度のものを選びましょう。
汗をかいたりして取れてしまったときは小まめに塗りなおすのが大切です。

日ごろの生活で知らず知らずに浴びた紫外線(生活紫外線)も、軽い気持ちで「まあいいや」と思ってしまいますが、これも注意が必要です。
少しずつでも浴びた紫外線は積もり積もって、光老化につながってしまいます。

紫外線を浴びた肌には保湿も大事

うっかり紫外線を浴びてしまったお肌は、疲れています。そして、春先は空気も乾燥しているのでお肌が荒れがち。

春先は保湿力の高い美容液を使って、お肌を乾燥から守ってあげましょう。
とくに、セラミドやヒアルロン酸を配合した美容液がおすすめです。

紫外線で出来たメラニンは新陳代謝が整っていれば排出されます。新陳代謝を整えるには、睡眠が欠かせません。夜遅くとも12時には寝て、体を休めましょう。

食べ物から紫外線に強い体を目指す

とはいえ、長袖を着用することが多い春先はボディに日焼け止めを塗り続けるのは正直言って面倒…ですね。
顔や首筋、耳の回りなどはきちんと日焼け止めを塗るのが理想ですが、ボディについては神経質にならなくても良いと思います。

その代り、紫外線に強い体作りを心がけるとよいですよ。
ビタミンCを含むものを意識して毎日食べます。春キャベツや菜の花、いちごなどは、ビタミンCが豊富なのでおすすめ!

他にもターンオーバーを助けるビタミンEも食べたいですね。春のビタミンEといえば、たけのこです。
店頭で見つけたら積極的に食べたいですね。1年に1回の旬の味を楽しみつつ、美肌、健康を目指して栄養を摂れるのがよいところです。

また、体の中からの紫外線対策として、飲む日焼け止めと呼ばれるUVケアサプリメントを毎日飲み続けるのも効果が期待できます。
1年中の美肌ケアとしてとりいれると良いですよ。

-きれいになりたい美容コラム
-

Copyright© アラフォー准凪のお試しブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.