アラフォー准凪の美容ブログ。気になるサプリメントや化粧品を実際に購入したレビューを書いています。美容や健康のお役立ちの情報も。

アラフォー准凪のお試しブログ

きれいになりたい美容コラム

パラペンって悪?パラペンフリーなら安心?意外と知らない防腐剤の話

投稿日:

kesyou
化粧品を選んでいると、時折「パラペンフリー」という言葉を見かけます。化粧品を家で保管するときに欠かせない成分として、多くの化粧品に使われているパラペン。

なんとなくお肌に良くないイメージがありませんか?でも意外とはっきりとよく知らないのではないでしょうか。化粧水の成分表示にある「パラペン」はそもそも何なのか?意外と知らない化粧品の防腐剤について、まとめます。

パラペンってそもそも何?

パラペンは、「パラオキシ安息香酸エステル類」のことで、薬事法で量を決められている防腐剤のことです。

様々な菌に対して防腐効果が認められている防腐剤であり、よく使われています。
以前から『表示指定成分』として、配合されている場合には記することを義務付けられていました。

なぜ表示が義務付けられたり、量を決められたりしているか?と言うと、パラペンに対してアレルギーを示す方が実際にいるからなんですよ。
防腐剤と聞けば「パラペンって悪なんだ!」と素人はつい思ってしまいます。でも、実際にアレルギーが出る確率としては0.3%くらいなんだとか。

大半の方にとってはパラペンって、実はあまり気にしなくてもいいものかもしれません。

パラペンフリーの化粧品はどうなの?

「少しでもアレルギーがあるならば、自分にアレルギー反応が起こらないとは言いきれない。だったら、パラペンが入ってない化粧品の方が良いのでは?」と思いますよね。

化粧品を買おうとしたときに、パッケージに「パラペンフリー」と書いてあるものを見つけると、これなら安心かしら?と、なんとなくイメージで手に取ることもあるでしょう。

パラペンフリー、とは、文字通り、パラペンが入っていない、ということ。その代りに別の防腐剤が使われている可能性が高いです。

防腐剤が入っていない、ということは怖いことでもあるんです。そもそも、化粧品はお肌に良い成分を使っていますよね。と、いうことは、菌から見ても栄養の宝庫と言えます。

エサがたっぷり入っているのに防腐剤が入っていないということは…。そう、あっという間に菌が繁殖してしまう、ということなんです。

まったく防腐剤が入っていない化粧品が腐るまで、なんと3日ほどしかかからないと言う話です。そんなふうにして腐った化粧品を、知らない間に使うことの方がずっとずっとお肌に悪いですね。

そんなわけで、「パラペンフリー」というのは、パラペンに対してアレルギーがある方にとってはチェックすべきポイントと言えます。

そうでない場合は、ただ、パラペンが入っていないというだけでお肌にすごく優しい!とは正直言いきれないのです。パラペンが入っていなくても化粧品はなんらかの形で防腐対策を施してあるのがふつうです。

パラペンの代わりに入っていた別の防腐剤の方がお肌に合わなくて、トラブルを起こしてしまうことも考えられるので注意したいですね。


パラペン以外の防腐剤は?

パラペンが入っていない場合には、別の防腐対策をしてあるはず。その例を挙げてみましょう。

  • BG(1,3-ブチレングリコール)
  • 低刺激の保湿成分。防腐対策にもなる。

  • エチルヘキシルグリセリン、ベンチレングリコール、1,2-ヘキサンジオール
  • 防腐性がある保湿成分。皮膚への刺激があることも…。

  • エタノール
  • アルコールのこと。ひきしめやスッキリ作用のある成分。防腐、抗菌対策に使われる。
    アルコールにアレルギーがある方には不向き。

  • フェノキシエタノール
  • お茶(玉露)の成分に含まれるもの。最近では合成してつくられることも。防腐、抗菌効果に期待。

  • ローズマリー・キトサン
  • 天然の防腐・抗菌成分として使われる。

こんなふうに、パラペンが入っていなくても、防腐対策として何らかの成分を配合しているものです。ためしにお手持ちの化粧品のパッケージや瓶の裏を確認してみてください。
パラペンフリーであっても、違う防腐剤の名前が書いてあると思います。

人によって体質も違いますし、ここに挙げたものの方が刺激が強くてお肌に良くなかった…という方も中にはいらっしゃいます。

本当に全く防腐剤が入っていない化粧品の場合は、開封して1週間、1か月で使いきることや、冷蔵庫で保管すること、などの使用方法の決まり事があるはずなので、必ず守りましょう。

まとめ

パラペンは化粧品などに使われる防腐剤であり、2013年以前から『表示指定成分』として、表示が義務付けられていたものでした。目に見えるカタカナの名前だからか、「悪」の存在とされてきたように感じます。
実際に、パラペンに対してアレルギーを起こす人もいるのは事実です。でも、本来は使用量の制限もあり、そこまで神経質にならなくても良いものともいえるようです。

もし、パラペンフリーとうたう化粧品に出会ったら、防腐対策はどうしているんだろう?とチェックしてみることが大切ですね。もしもサンプルがあったらお肌に塗ってみて、刺激があるかどうか?試してみてから購入するとより安全だと思います。

-きれいになりたい美容コラム

Copyright© アラフォー准凪のお試しブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.