アラフォー准凪の美容ブログ。気になるサプリメントや化粧品を実際に購入したレビューを書いています。美容や健康のお役立ちの情報も。

アラフォー准凪のお試しブログ

きれいになりたい美容コラム

ピーリングの効果って?ヒリヒリなしの正しい選び方使い方

投稿日:

peeling
ピーリングをしたことはありますか?お肌にピーリング専用の化粧品を塗って、落とすという方法ですね。

お肌つるつるになると思って試してみたら、ヒリヒリしたり、赤くなったり、返って肌荒れを起こしてしまった、もう二度とやらないよ…という方もいらっしゃるようです。

でも、ピーリング化粧品の選び方や方法を知ることでそのツルツル効果を実感するはずです。ここでは、正しいピーリングについての情報をまとめてみました。

ピーリングとは、古い角質を落として肌の再生を促進すること

ピーリング、と聞くと言葉のイメージから「皮をむく」という意味を思い浮かべてしまいます。でも、ピーリングの本来の目的は、古い角質を落として肌の再生を促進することです。

お肌の上にいつまでも残っている古い角質は、そのままにしておくと肌が次第に厚くなります。それが、くすみの原因になったり、メラニンの排出を遅らせてシミの原因になったりと、肌老化を招いてしまうんですよ。

通常の洗顔では落としきれない古い角質をピーリングによってきれいに取り除くことで、お肌が活性化し、ターンオーバーが高まります。その結果、コラーゲンが増えてたるみやシワの予防になる、メラニンを排出してシミができにくくなる、毛穴が引き締まる、などなどの良い作用があるのです。

ピーリング化粧品の選び方…AHA配合の洗い流すタイプを

ピーリング化粧品には、塗ってこすって落とすゴマージュタイプ、ふき取るタイプ、ピーリング化粧品をしみこませたパックを乗せてはがすタイプ、クリームやジェルなどを塗って時間が来たら洗い流すタイプがあります。
ピーリングと聞いてパッとイメージするのは「こするタイプ」「拭き取るタイプ」でしょう。肌を痛めた経験のある方は、この2つを試してみたのかもしれません。

確かに、こするタイプ、拭き取るタイプは力加減が難しく、お肌をいためてしまうことがあります。

お肌にやさしいピーリング化粧品を選べば、返ってお肌の状態が悪くなってしまうという心配はありません。ミルクやジェル、洗顔料で洗って流すタイプを選ぶのが最もお肌に優しいのでおすすめ。

ピーリングジェルやクリームにはAHA(グリコール酸、フルーツ酸、乳酸など)、もしくはBHA(サリチル酸)が含まれています。AHAを配合したものが刺激が少なめで使いやすいです。

効果的なピーリングの手順

ピーリングをするときは、こすらないように優しく、以下のような手順ならお肌を傷めず、しかも効果的です。

1.肌が乾いた状態で、手に取ったピーリングジェルをTゾーンにつけてなじませる
2.手についているピーリングジェルをUゾーンに塗ってなじませる
3.目元の肌の薄い部分は中指と薬指を揃えてくるくるとつける
4.ぬるま湯で洗い流す。このとき、タッチはソフトに。決してこすらないで
5.セラミド配合の化粧水+美容液で保湿する

ピーリングしたばかりのお肌は、つるんとしていて傷みやすいです。念入りな保湿を必ず行いましょう。

週1、2回のピーリングでお肌の代謝をアップ!

ピーリングは毎日行う必要はありません。始めは、週に1、2回を目安に行います。ピーリング後のお肌は、紫外線の影響を受けやすいので、出かける予定があるときは紫外線対策を忘れずに。

敏感肌の人は、お試しで二の腕の内側などの軟らかい部分で試してから使うと安心です。

そして、もしも、赤みが起きてしまったらすぐにやめましょう。お肌にやさしい方法で行っても、お肌の表面の角質を酸で溶かしていることが刺激になってしまうこともあるのです。

まとめ

  • お肌の古い角質を取り除くのにピーリングは有効
  • ピーリングでターンオーバーが高まる
  • 洗い流すタイプのピーリング化粧品を使う
  • ピーリング後は保湿を確実に!
  • 赤みが起こったら中止。紫外線対策も不可欠

これらの項目を守っておけば大丈夫です。週に1,2回のスペシャルケアとして取り入れてみるとよいですよ。きっと卵のようなつるんとした美肌を実感できるはず(^^)

-きれいになりたい美容コラム
-

Copyright© アラフォー准凪のお試しブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.